生きることは楽しむこと


by dandaneco

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
Enjoy life
Home Energy
ひとり言
Health
節約
クッカー
日本語
日本の祭り

Pin!
Joke is moist
未分類

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
more...

お気に入りブログ

雨漏り書斎
Double Espre...

外部リンク

最新のコメント

TVのワイルド・ライフが..
by だんだん at 13:39
> だんだんさん あだ..
by dandaneco at 13:29
そげだ、美保関と日ノ御埼..
by だんだん at 10:05
> だんだんさん ども..
by dandaneco at 11:54
またまた久し振りでござい..
by だんだん at 10:56
だんだんさん おひさし..
by dandaneco at 12:13
エコさん、こんにちは。 ..
by だんだん at 11:50
だんだんさん、お久しぶり..
by dandaneco at 08:10
ecoさん こんにちは!..
by だんだん at 14:00
> amamori120..
by dandaneco at 17:52

最新のトラックバック

ロシア練習帆船「ナデジュ..
from Double Espress..
植田正治写真美術館 コミ..
from Double Espress..
Cafe ドーフィン&S..
from Double Espress..
脱「ひとり勝ち」文明論の..
from Double Espress..
とっても便利な生ゴミ処理..
from Double Espress..

ライフログ

タグ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし
環境・エコ

画像一覧

発想を変えた超コンパクト電気自動車

電気自動車(EV)の業界を牽引している中国
(と、勝手に感じているんです)
その中国の自動車メーカーじゃない会社が作ったEV が話題になっています。





数年前から話題になった3Dプリンターで
ボディなどほとんどの部品を作ることで
部品点数も、初期投資も大幅に少なくて済む
車体重量も軽くできるから、
小容量のバッテリーでもいい

中国製は粗悪品が多いというイメージですが、
気がつかないだけで、たくさんの商品を当たり前に使っている時代
でも、完璧な商品にして商品化しないで、
とりあえず商品化してしまう。

その後改良を重ねるという考え方は、
日本にはなかなかないんじゃないでしょうかね。

また、電気自動車は構造が簡単だから、
これまでの自動車メーカー以外がどんどん参入していますよね
だから、これまでのメーカーが考えもしなかった発想で作ってしまえる!

アメリカのテスラモーターズは富裕層をターゲットにしたEV
このLSEVは大衆車で、街乗りできればいいと思う人がターゲットですね

こんなことからも、
EVの多様性はどんどん広がっていくんじゃないでしょうか

買い物や、病院など街乗りだけなら、
こんなEVで十分じゃないでしょうかね

[PR]
# by dandaneco | 2018-03-28 08:52 | Enjoy life | Comments(0)

大好きだった喫茶店にはもういかない!

僕にもお気に入りの喫茶店があります。
宍道湖北岸で市街地からちょっと外れた国道沿い
古くからの湖岸の喫茶店です

店内はアンティークな雰囲気で
クラシックがいい感じで流れています。

f0150364_17545818.jpg


ラバトリーもこんな感じで、どれもいい感じです。

それから気に入っているは、
ここの女性スタッフがとってもいい。
とても気がつくし、寒い朝はブランケットを持ってきてくれたり、
心配りが嬉しい、
何度か、同じメニューを頼むと、
あとは、「いつものでよろしいですか?」と確認し、
珈琲だけを先に持ってきてくれます
雪の朝は駐車場の雪かきを男性と一緒にやっていて、
「男性には負けません!」
早出をして、「お客様には雪がない状態でお迎えしたい」ですって。

そう!
上から言われてやるんじゃなくて、
お客のことを考えて、自分で行動しているんですね~。
この女性は、この店の宝ですよ。 ほんと!


とまァ、
お気に入りの喫茶店で、
朝の宍道湖を眺めながら、
賢いスタッフがいて、
落ち着ける店内で
いただくモーニングタイムが
ほんと、好きでした!

そう、過去形です
残念ですが。

隔離された喫煙室がまもなく完成してしまいます。
そうすると、
宍道湖の眺めも、
落ち着ける内装もありません。

スタバが人気なのは、
珈琲を楽しむ空間と時間でしょ。

この喫茶店も、
珈琲が特別美味いと思ったことは正直ありません。
でも、ここで過ごす時間が大好きだったわけです。

喫煙者が生き残るには制限されても仕方がない
と、いう現実は受け止めていますが、
これまで、ここで過ごさせてもらった
「気持ちいい!」時間が、これからはないと思うと
おおいに、寂しいです。


[PR]
# by dandaneco | 2018-03-27 18:18 | ひとり言 | Comments(0)

田舎の島根で高級電気自動車 テスラが走ってる!

地方の町でも、欧米車はよく見かけますし、
たまーに、スーパーカーを見ることもあります。
ヒュンダイ(韓国車)はみないな~ 
海外ではよく見るのにね・・・?

が、この日見かけた車はこれ!

f0150364_10002070.jpg
アメリカ電気自動車(EV)メーカーで業界をリードする
イーロン・マスク率いるテスラモーターズ

テスラ モデルX
バッテリーサイズ 75kwh 90kwh 100kwhで
価格980~1,611万円

納車がいつになるか分からないほど
予約が殺到している Model.3

後数年もすれば、いろいろなメーカーのEVを
田舎の町でもよく見かけるようになるんでしょう。






[PR]
# by dandaneco | 2018-03-20 17:20 | Home Energy | Comments(0)

仕事ですから

一時流行していた
「おもてなし」

いまでも、
「当店はお客様へのおもてなしでお待ちしております」
なんて表現を見聞きします。

あまのじゃくの私は、
猫も杓子も「おもてなし」って聞くと
「どんな意味?」
「ほんとかよ?」
と思ってしまいます。

知ってるお店でも聞きましたが、
「??????・・」
と感じたからかもしれませんね。

改めて、「おもてなし」「もてなす」の意味は、
「お客や大切な人へ気遣いや心配りをする心」だそうです。
私自身は、お客さんに対して「私はおもてなしをします」
なんてことを言ったことはないが、
気遣いや心配りはしている。

「日本はおもてなしの国」でオリンピック誘致に成功して、
そのようなお客への想いをもつ日本は素晴らしいと言いたかったのでしょうが、
日本の固有のものでもないし、特に優れているとは思えない。


アメリカのマーケッター、ダン・S・ケネディ著の本の中に、
「きちんと仕事をする」という見出しの中の文章を紹介します。


ダンが、仕事で出かけたホテルの隣の駐車場から車を出すときの話。
その駐車場は舗装はされおらず、おんぼろ小屋に係員が待機している。
Tシャツを着た係員が対応していた。
ところが、この駐車所の係員こそは、
人は見かけで判断してはいけないということを思い知らせてくれる。
この「駐車場の係員」がゼネラルモータースを経営していてもおかしくはない。
「お車でどちらへお出かけですか?」と係員が尋ねた。
私たちは、雑誌の広告で見たイタリアンレストランに行くつもりだと答えた。

「あそこはやめておいたほうがいいでしょう。
イタリアンレストランならもっと良いところが近くにいくつかありますよ。
ここから歩いてもいける距離です。」

それから15分ほど言葉を交わした。
係員は私たちの好みを丁寧に聞き、電話帳を取り出してきて、
いくつかの店に電話をかけ、何時まで営業しているのか、
自慢の料理は何か、どんなワインがあるかということまで確認した。
最終的に、私たちは吸うブロック先にあるレストランに決めた。
係員は地図を描いて、道順を細かく教えてくれた。

これを聞いても驚かないとしたら、
あまり旅行したことがなく、いろいろな駐車場を利用したことはない人だろう。
この係員は1日の駐車料金7ドルで、
今までに泊まった多くのホテルのスタッフやコンシェルジュよりも私たちを大事に扱ってくれたのだ。

係員はていねいに、親身、愛想よく、しかもよくものを知っていた。
本人にそう伝えると、こう答えた。

「これが私の仕事ですから。これが売り物なんです。サービス業ですから。
ここに初めて車を持ってきてくれた人のお役に立てたり、
その人と親しくなれたりしたら、今度この町で車を止める必要があったときに、
私とここのことを思い出してくれるでしょう。
ひょっとしたら、他の人にもここを利用するように勧めてくれるかもしれません。
その人が何度も利用してくれたら、こちらの商売も安定します。
そうなれば、その人は私にとって、数ドルどころではなく、
年に100ドル以上の価値があることになります。
長い目で見れば、その人のおかげで、子供一人の大学の学費1年分くらいは出してやれるかもしれません。
そんなお客さんが、たくさんいれば、私の商売も本当にやりがいがあるというものです。
駐車場はごまんとあります。
どこだって、駐車スペースは同じです。
サービスしないでどうしますか」



声高に「おもてなしの心で・・・」っていうよりは、

「仕事ですから」
私は、そう想って気持ちよくされたほうがずっとかっこいい! と思います。

「おもてなし」に溢れる日本のお店で、
はたして、Tシャツを着た駐車場の彼のような思いで接してくれるどのくらいいるのでしょうか?

私の自戒をこめてご紹介しました。

ちゃん、ちゃん。




[PR]
# by dandaneco | 2018-02-19 23:07 | ひとり言 | Comments(2)

玄関の前に白い変なのがいる・・・


毎日毎日雪ばっかりでうんざりしていたときに見つけました。
雪でこんなん作れば楽しくなりそうです!
玄関を開けたらこんなのがいたらびっくりでしょ!

[PR]
# by dandaneco | 2018-02-15 10:56 | Enjoy life | Comments(0)