もっと楽しくてもいいじゃない?!


by dandaneco

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

全体
Home Energy
Desine家電
ひとり言
おとこのHealth
食洗機
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 02月
2015年 08月
more...

お気に入りブログ

雨漏り書斎
Double Espre...

外部リンク

最新のコメント

あーれー、お久しぶりです..
by dandaneco at 18:51
突如現れました、だんだん..
by だんだん at 16:41
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 08:51
コメントありがとうござい..
by dandaneco at 10:23
こちらでは こんばんHA..
by amamori120 at 22:46
はじめまして。シニアナビ..
by シニア・ナビ事務局 at 19:22
だんだんさんへ えぇ、..
by dandaneco at 06:35
何だかドタンバタンの毎日..
by だんだん at 17:28
だんだんさんへ よく言..
by dandaneco at 23:25
ワ・タ・シは・猫でも犬で..
by だんだん at 12:14

最新のトラックバック

ロシア練習帆船「ナデジュ..
from Double Espress..
植田正治写真美術館 コミ..
from Double Espress..
Cafe ドーフィン&S..
from Double Espress..
脱「ひとり勝ち」文明論の..
from Double Espress..
とっても便利な生ゴミ処理..
from Double Espress..

ライフログ

タグ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧

<   2009年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

業者の列

梅雨ですね~

あったり前!

梅雨の夜空に雲の間から星が見えると
ちょこっと「おっ!」
みなさん夜空見てますか?



今日太陽光発電の補助申請窓口に行きました。
まずは国の窓口。
松江はいきいきプラザ内にあります。
事務所に入ると千客万来

女性スタッフ~の「こちらでお待ちください」ってんで、
「へーい」と案内された場所で待機です。


次は松江市の窓口
こちらは環境センターにありますが、
なんと玄関を入ると担当窓口は長蛇の列!!

まっ、JAROですが、列ができています。
「へェ???」

みな申請のようです。
ハウスメーカーの担当者が申請に来ています。
あの、S社です
(って聞いてんのかい!)

聞こえるから仕方がない。
新築で設置されるようです。

私の番になり無事受理してもらいました。
ホットしながらも「枠はどれくらい残ってますか?」の質問を忘れることはありませんでした。

「もう残りわずかです。この調子ならもう終了じゃないでしょうか」

う~~ん残念!

松江市の補助金を利用すれば、
それだけお客様の負担が少なくなりますから
今問い合わせをいただいている方が間に合うかどうか????


先日ニュースで東京では、
国・区・市で補助金が受けられ半額程度になるとか・・・。
恨めしや~

じゃなくて!

羨ましい~

補助金の来年度以降の見通しは分かりませんが、
電力定額買い取りのスタートも考えると、
今年以上補助金が増えるとは思えません。

ですから、関心のある方は今年が狙い眼だと思います。

自治体によっては今年度補正予算で補助を検討している自治体もありますから
広報などでチェックされた方がいいかも。

もちろん分かり次第お知らせします。
[PR]
by dandaneco | 2009-06-30 00:38 | Comments(0)

ブラボー!!

f0150364_215937100.jpg


2009年6月23日 19時21分24秒の笠ヶ岳山荘からの映像です
夕暮れの空がきれいですね~~!!

f0150364_22132285.jpg


2009年6月20日 12時28分42秒 


このカメラが配信しています。
f0150364_22165431.jpg



このカメラの画像はここで見れます

笠ヶ岳山荘


このカメラが6月27日3000mに設置されます。


家に居ながらタイムリーに楽しむことができます。


梅雨が明けたら三瓶山・大山の頂上から
f0150364_22292100.jpg


このカメラを使って画像配信をしようと思っています。

その時は案内しますのでPCか携帯でご覧ください。
見ておられる方がカメラの向きやズームの操作ができますので
その時は試してください。

ただ天候よりも気にかかるのは、
     私の体力(汗だく)

配信予定時間に間に合うかという心配だけです(笑)
[PR]
by dandaneco | 2009-06-24 22:31 | Comments(4)

山と海

さて・・・・・・、

今日は海編

入道雲に誘われて、
いろいろな誘惑に弱い私です。

向かった先は・・・・・・・、
   海!


f0150364_2221829.jpg


海水浴シーズンになると賑わう北浦という海岸です。

私がまだイケメンだった頃
(そりゃ人違いだ!)
友達とナンパに来た海です(大笑い)

f0150364_2224532.jpg


隣の稲積の浜

f0150364_22284038.jpg


f0150364_22292917.jpg


夏の海になってきました

そして反転、一路西に向かって海沿いの山道をドライブです


新出雲ウィンドファームの風車が見えてきた時は

f0150364_22341368.jpg



山道のカーブを曲がると目の前に
銀盤のように輝く海が広がっていました。


松江からほんのちょっと出かけるだけでこんなスポットが沢山あります
[PR]
by dandaneco | 2009-06-20 22:40 | Comments(2)

山と海

先日仕事で山間部の奥出雲町横田へ出掛けました。

仕事が終わり立ち寄ったのがここ

橋本農園さん

橋本さんはIターンで横田に来られ、
空き家を買って暮らされるようになりました。

実はその民家、以前ある会社の保養所だった所で
先代の社長に太陽光発電を設置していただいた所です。

当時は宿泊設備があり、リビングにはミラーボールと最新鋭のカラオケがありました。
工事中やお引渡しが済んでからもちょくちょくお邪魔していまして、
その度に社員さんに泊まらせてとお願いしましたが「社員じゃないけんダメ!」(泣く)

その保養所が売りに出され入居されたのが橋本さんです。

無農薬の有機農法でブルーベリーの栽培を始められ数年たちます
今年の収穫が始まっていればもらって帰ろうと寄ってみました。

f0150364_0131843.jpg


熟している実がチラホラ
来週くらいがいいということで次のお楽しみに。

で、次に向かったのがこちら、
奥出雲トマト田園倶楽部さん

米子の人から「横田のトマトは旨いよ~」と聞いたので、
「それなら食べんといけんだら~」と仕事で行ったお客さんに場所を聞いて
山の中へと向かいました。
着いたところには立派なハウスがよ~けたっちょります。
直売所には熟して美味しそうなトマトが  安い!

「これはうちだけで食べたらいかん」と思い、
多めに買って、松江に帰って
「横田のトマト食べてごしない!」ってことで、あちこちに配りました。

   うまい!

ただ、ネット販売はしておられません。
横田の山の中の直売所でしか手に入りません。
(近郊は送ってくれるそうです)

買ってきたトマトの写真を乗せたかったのですが、
もうありませんので、お見せできません。

   残念!

トマトの名前は
糖度によって分けられ、
赤影 青影 黄影 白影
(右に行くほど糖度が低い)

トマトの品種かと思ったら、直売所の女性曰く
「いや~、社長の名前が影山で昔そんな名前の忍者がいたでしょ」

はァ~~~
なるほど~~~

ちょっと、口が開いた状態でした(笑)

仕事よりは、フルーツ探しが時間を取ってしまった。
「まっ、いいわね」
   ねっ?

って、誰に聞いとん???


海までたどり着けなかったので次回へ
[PR]
by dandaneco | 2009-06-20 00:40 | Comments(2)

発電開始!

2009年6月17日午前10時
いよいよ発電開始です!

f0150364_823838.jpg


f0150364_825595.jpg


それぞれの機器を取り付けて、中国電力の承認も降りて、
  運転スイッチ ON !

太陽電池は200V 以上の電圧が出ています。
パワーコンディショナが中電の電気を確認し、電圧や周波数を合わせてる作業が5分かかります。
その間、発電所長さんに発電表示モニターの説明をしながら発電を待ちます。

f0150364_8303892.jpg


私がちょっと離れたすきに、
「数字が出てきたよ~!」と発電所長さん。

慌てて戻ると、
0.8kw・・・1・5kw・・・・・・・4.4kwとどんどん発電量が上がっていきます。
発電所長さんは手を叩きながら「わァ~^^~!」

発電表示モニターには家で使っている電気の量も表示します。
消費電力は、0.6kwh・・・・・1.5kwと変化しています。
「たぶん冷蔵庫のコンプレッサーが入ったんでしょう」
「台所以外にも米用もあるからそれなんだ!」

消費電力が分かるので、家電品の消費電力がわかりますね。

この時点で家の電気を賄った以上に発電量が多いので
中国電力へ電気を売っている状態です。

この発電所の電気は中電の電気と一緒になってご近所で使われることでしょう。


翌日、うかがった時にご家族の様子を聞かせていただきました。
お孫さんは、蛍光灯を切ったり、モニター表示機を触ったり
みなさんで楽しんでいただけたようです。


お日さま発電を楽しんでいただけるとほんとに嬉しいです!
[PR]
by dandaneco | 2009-06-19 08:47 | Comments(2)

ソーラー発電工事 Vol.2

梅雨の前休み
(中休みじゃないですね、まだ・・・)

晴れマークが続く1週間になりました。
いよいよ、太陽電池を乗せていきます。

これまでの工事は、屋根にステンレス製の金具を取り付けるところまででした。

その金具に縦ラック(棟から軒先の方向)を取り付けます。
長さは2mと1mとがあり、2mを軒先側にして1mをその上に次いでいきます。
このお客様の場合1mは2本つないであります。

f0150364_941179.jpg


屋根全体では11列取り付けました。

f0150364_1905541.jpg


次は横方向にラックを取り付けてラックは終了です。

そしていよいよ太陽電池の取り付けです。
f0150364_1921063.jpg


大きさは、W1338×D1012×H36  重量は16.5kg
1枚で180Wの出力です。
今回のお客様の家ではこの太陽電池を36枚設置ですから6.58kwの出力ですね!

設置してからでは見れない太陽電池の裏側

f0150364_1961869.jpg


裏はシートが張ってあって、黒い四角のものが配線ボックス。
太陽電池セルを直列で結線してこのボックスから + と -のコードが出ています。
このコードを乾電池の直列と同じように、
次の太陽電池の +とこの太陽電池の -を繋いでいきます。

今回はこうして +と―を9枚繋いでひとつの直列を作ります。
そしてこのような直列を4つ作ると、9直列の4並列というシステムになります。

ちなみにこの太陽電池の最大動作電圧(難しい言葉)、
乾電池なら1.5v
一般家庭の電圧は100v(これは交流ですけど)
で、1枚で23.6vですから、9枚直列につなぐと 212.4vの電圧になります。


この太陽電池を屋根にはこうして上げます。
f0150364_19163724.jpg


若い職人さんに頼んだわけではないのにカメラ目線になってます(笑)

この梯子のようなものは瓦を屋根に上げる「荷揚げ機」と言って、
モーターでワイヤーを巻き取って台座をあげる機械です。

この機械で1枚1枚上げながら借り置きしていきます。

f0150364_1919748.jpg


だんだん発電所らしくなってきました。
[PR]
by dandaneco | 2009-06-15 09:52 | Comments(0)

風の谷は晴れ

晴れです!

昨日の忘れものを撮りに、いざ!十六島へ!

霧も晴れたし海をバックに風車を見に行こう!

f0150364_1935435.jpg


これ!これですよ!

大口を締まりなく開けて上を見上がれば、
(私だけですかね?見上げると口が開いてしまうのは・・・?)

f0150364_1964815.jpg


f0150364_1971213.jpg


青空をバックに風車が風を切って回っています
ほんとに風を切るって音がします。
(動画をアップしたけど分かりづらいので直接現地で聞いてください)(笑)


風車の群れ(?)
(表現力が乏しい~)

f0150364_1914850.jpg


f0150364_19143054.jpg



風車は壮観ですが、私を驚かせたのは手前の立ち枯れの木
松くい虫?
酸性雨?

何にしても寂しい光景です。
風車と立ち枯れの木

ちょっと考えてしまう風景です。

上を見上げれば青のキャンバスに白い風車

f0150364_19184911.jpg



「白い船」の舞台となった塩津にも、

f0150364_19194895.jpg


ここは緑の山並みに立ち並んでいます。

十六島のグレーの中の風車と
塩津の緑の中の風車

私たちの未来はどちらになるんでしょうか?

あなたな~らどうする~♪
(このフレーズが分かる人は・・・・・・)

       
[PR]
by dandaneco | 2009-06-14 19:27 | Comments(2)

風の谷は霧

私は風力発電というと
風の谷のナウシカ

愚かな人間が自然を支配しようとする物語ですよね
  ちがうか!


この山陰でも数年で風車の建設ラッシュ
お隣の鳥取県が先行逃げで(?)
R9沿いにもたくさんの風車が見られます。

島根県でも遅ればせながら(?)、
あちこちで設置されるようになりました。
この度、神々が集う出雲大社のすぐ近くに
国内最大の風力発電所が運転を始めました。

新出雲ウィンドファーム

設置されたのは風土記時代からの高級ブランド
  十六島のり

めっちゃ、高いんです!
正月の雑煮の時しか食べられません

その十六島
あっと、
「じゅうろくとう」じゃないですよ!
「うっぷるい」と読みます。

そのうっぷるい(十六島)で、
「十六島半島風車道路周遊ウォーク」があり参加しました。
健康ウォーキングをされているグループが企画されていましたが、
私同様風車目当ての人がたくさん参加されています。
参加者は220名超
開会式や準備運動を終えいざ出発!

f0150364_17583888.jpg


港町の路地を抜け、山を目指します。
みなさんウォーキングの服装で参加されていますが、
私は仕事の格好で参加していますから、完全に浮いています(大笑い)

f0150364_181049.jpg


木立の中を進み途中「妙本寺」というお寺に立ち寄りました。
ここからは、7基の風車が見れるそうですが霧で全く見えず。
現場を仲良くなったおじさんが、住職さんに話に話を聞かれたら

「風の強い日は風車の音で夜も寝れません!」

だそうです。

その場所では私はそんなに音が気になりませんでしたが・・・・。

220人御一行は移動開始です。
そしていよいよ、建設地への周遊道路に入ってきました。

f0150364_18161214.jpg



鳥のさえずりとウォーン ウォーンという音が聞こえてきました。

動画はこちら 

ははっ、
鳥の声しか聞こえない!
風車もよく見ないと見えない!

でも、確かに耳にはよく聞こえるんです
  うぉーん ウォーン という音が
(マイクが拾いにくい音域なんでしょう)

さらに進んで行って次の風車

f0150364_18152530.jpg


支柱しか見えません。
先端部のナセル(発電部分)やブレードは霧の中!
風車の真下にいても低周波の音が響きます。


天気のいい日なら、目の前は青い海原が広がって、
白い風車が何台も見えるはずです。

残念ですが、私はここで時間切れ。
仕事に復帰しま~す!

関係者の方引き返すことを説明し、
お礼を言って帰路に着いた後ろで
「今回の離脱者は早いね」という声が・・・・。

だはっ、いたって健康なんですけど・・・・。

一人帰る道々道路脇を見ながら下りていますと、
残念ですが、ここもごみ、ごみ  
とっても気持ちの良い山道ですが残念です。

そして、住職さんが言われた「音」
今日は風がやんできたので音も小さくなっていたでしょうが、
西風の強い冬などかなりの音がこだますのでしょう。

海外では人家のない場所で設置しているのでしょうが、
日本の場合、うっぷるい(十六島)のように人家がすぐそばということがあるんでしょう。
鳥取県の場合も住民の方の同じ話を聞いたことがあります。

この発電所も民間企業が建設しています。
住民の方へ事前に説明されていることなんでしょうが、
「夜寝れない」
防音対策をぜひしてあげて欲しいですよね!

風も自然からの共生できる贈り物
そのエネルギーを活用する素晴らしい発電設備何ですから、
住民も共生できる発電所であって欲しいと感じました。

また、風力発電を設置したため
十六島湾の海が土砂の堆積で汚れ、魚がいなくなったと聞きました。
地元に人にそのことを聞いてみましたら、
確かに道路建設など工事中はあったそうです。
でも、もうそんなことはないそうです。

今日も防波堤で鯵釣りの人がいました。

天気の良い日にまたこ~よお~とっ

十六島からでした!
[PR]
by dandaneco | 2009-06-13 18:40 | Comments(2)

東京にはソーラー発電が少ない?

いつもコメントを寄せてもらう「だんだんさん」

松江市のご出身で、今は東京で松江のPR 大使をされています(えっ、)
そのだんだんさんのコメントを見て疑問が・・・・・?

東京ではそーらー発電設置する人が少ない?
感覚では私もそう思っていました。
なら調べてみるべ!

その結果がこれ!
一般住宅に設置されたソーラー発電の発電容量で1000kw以上の地域です。
大田区   1290kw
世田谷区  2342kw
杉並区   1978kw
練馬区   2016kw
足立区   1688kw
八王子市  3289kw
青梅市   1100kw
町田市   3680kw
日野市   1006kw

東京から西へ向かって設置が多い地域はこちら!
長野市   5056kw
浜松市  11271kw
相模原市  4940kw
川越市   3771kw
宇都宮市  7299kw

大阪市内は総じて少なめでスルー

神戸市(比較的多い)
東灘区   1400kw
姫路市   5541kw
岡山市  10216kw
倉敷市   8464kw
東広島市  5037kw 
高松市   6933kw
松山市   8155kw

そして、我が山陰は!
鳥取市  1229kw
米子市  1903kw
松江市  1634kw
出雲市  1406kw


どうですか?
    意外?
    当然!

データは掘り下げていくといろいろなものが見えてきますよね。
私も感じたことがいくつかありますし、
違うデータも合わせてみると面白そうですが・・・
今夜は止めます。


いつかまたご紹介します。
[PR]
by dandaneco | 2009-06-12 01:34 | Comments(0)

瓦屋根の太陽光発電工事 

霧雨の柔らかい雨のカーテンが開いて梅雨に入りました。

梅雨入りした昨日、
なんとか雨が降らず順延になっていた太陽電池の設置工事を始めました。

今回のお客さまは、松江市西、来待(きまち)です。
この来待という所は昔から「来待石」という石の産地で、
灯ろうや建材はもちろん、山陰地方の屋根によく見られる赤い瓦「石州瓦」の釉薬としても使われてきました。
渋い赤色がきれいな屋根です

f0150364_9323784.jpg


この屋根に太陽電池を36枚取り付けます。


太陽電池を設置するために、専用の金具を取り付けます。
屋根のどの部分に取り付けるか図面をもとに決めていきます。

f0150364_9334469.jpg


金具を取り付ける箇所の周辺の瓦を一旦取ります。
屋根地は曾木葺きになっています。
もっと古い家になると、瓦に下に泥がありその上に瓦が並べてありました。
ですから、昔は瓦がずれてきますから、大風の後や、定期的に瓦を直していたんですね。

今回の瓦はその泥葺きの頃と乾式(泥を使わない)過渡期頃だと思われます。
今の瓦とは形状が違います。

金具を取付ける前に合板を屋根の垂木に止め、ステンレス製の金具を取り付けます。
そして、瓦を元通りにしていきます。

f0150364_9494716.jpg


黒く見えるのは、ステンレスの金具が過重で瓦に当たっても
傷つかないようにする保護シートです。

このように金具を取り付けていきます。

f0150364_9444654.jpg


金具の位置がまっすぐになるように、糸を張って金具を揃えて固定します。
このお客様の屋根には63個の金具が付きます。
太陽電池の荷重はこの金具に分散してかかります。

この金具の数量は、太陽電池の枚数や並べ方で違ってきます。

この作業がもっとも手間がかかる作業で、
金具が取り付けらえれると次はラックを取り付ける作業に入ります。

このお客様の家は増築を重ねておられます。
その度に瓦も違い見ていて面白いものです。


赤い瓦の釉薬の郷「来待の家」に太陽電池が載っていきます。

本日はこれまで。
[PR]
by dandaneco | 2009-06-10 10:04 | Comments(2)