もっと楽しくてもいいじゃない?!


by dandaneco

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
Home Energy
Desine家電
ひとり言
Health
食洗機
クッカー
日本語
日本の祭り
世にも奇妙な

未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
more...

お気に入りブログ

雨漏り書斎
Double Espre...

外部リンク

最新のコメント

> amamori120..
by dandaneco at 17:52
思い出しました 昔..
by amamori120 at 23:03
あーれー、お久しぶりです..
by dandaneco at 18:51
突如現れました、だんだん..
by だんだん at 16:41
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 08:51
コメントありがとうござい..
by dandaneco at 10:23
こちらでは こんばんHA..
by amamori120 at 22:46
はじめまして。シニアナビ..
by シニア・ナビ事務局 at 19:22
だんだんさんへ えぇ、..
by dandaneco at 06:35
何だかドタンバタンの毎日..
by だんだん at 17:28

最新のトラックバック

ロシア練習帆船「ナデジュ..
from Double Espress..
植田正治写真美術館 コミ..
from Double Espress..
Cafe ドーフィン&S..
from Double Espress..
脱「ひとり勝ち」文明論の..
from Double Espress..
とっても便利な生ゴミ処理..
from Double Espress..

ライフログ

タグ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧

<   2009年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

春のう・ら・ら~

は~るの~
ウ・ラ・ラ~♪ ウ・ラ・ラ~♪ 狙い撃ち!

うぐいすは上手に鳴き
都会では少なくなったと聞く雀は賑やかに
美空にむかってひばりが歌い

気温10度の早春の土手に見つけました。
f0150364_17453423.jpg


黄色い花と白い綿帽子

その夜、2℃の星空の下
f0150364_17472658.jpg


夜桜といえば 「おしち」  (山本の次は坂本)
   (わかるかな~)

今年の七不思議のひとつ
「里の桜より山の桜が早く咲く」


そして、きょうの大橋川とMt大山
f0150364_17551427.jpg


写真ではうっすらと雪が少なくなった大山見えています

そして、そして、大橋川の両岸では
5月の本番に向けて「ホーランエンヤ」の練習が行われていました
f0150364_17563193.jpg


い一 馬潟地区の練習風景です。
天気がいいものの、今日も肌寒く、まして風の中船の漕ぎ手さん達は
漕ぐ手もかじかんでいるでしょうね

漕ぐときに調子を合せる「ホ~ランエンヤ~」という掛け声も
風の音に混ざって聞こえていました


今年の山陰は面白い!
[PR]
by dandaneco | 2009-03-29 18:06 | Comments(2)

復活!

f0150364_8483487.jpg


花が咲きました!
細い枝に白いの桜です
我が家の近所に咲きました。

それがどげだいや?
(鳥取弁)

この桜にはものすごく思い入れがあります。
私たちが引っ越してきた当時は夫婦二人で、その年に長男が生まれました。
その時も写真くらいの小さな木に少しの花を咲かせる程度でした。

子供の成長と共に、私たち家族と一緒にどんどん成長し、
毎年花を楽しませてくれ、夏の暑さに木陰を作ってくれました。
このた桜の木がおととし、
毛虫がつくからと近所の人の苦情で根元から切られてしまいました。


仕事から帰ると、あったはずの桜の樹が根元からバッサリと。


桜の花はいいけれど、毛虫は害になる

それだけで十数年の樹は切られてしまった。
命を絶ち切られたようなさびしさを感じてました。


それが今年、花を付けたんです!

すごいですね~!

  生きる

植物も動物も  生きる

人も桜の木も目的は生きること


苦しくったって~♬

この桜の小さな花に勇気をもらったような気がします。

切られったって、同点にされたって(WBC)
頑張れば必ず花が咲きますよね

この小さな花に感謝にです。
[PR]
by dandaneco | 2009-03-26 09:14 | Comments(6)

太陽光発電を設置される理由

私が太陽光発電という言葉を聞いたのは2003年でした。
翌年から住宅用太陽光発電の設置費用に補助制度が始まるというものでした。

太陽光発電ってなんだ?
メーカーからの説明を聞いていても???????

太陽の光で電気を起こします
へェ~

「昨年までの価格は3kwで1千万円程度でした」

はァ~1千万円!!!!!

家の屋根にベンツ載せるんかい!

「ただ、2004年からは600万円くらいになります。」
「その半額が補助金が使えますから、お客様の負担は300万円ですみます」

600万円! まだベンツだ!!!

そして当時勤めていた会社の社長は
「これから環境ビジネスが必ず必要になってくる。やろう!」

そしてなにも知らない、環境なんかこれぽっちも関心がない私が担当し、
K社の山陰地区代理店としてスタートしたわけです。



それから15年タッチまいました。
各メーカーを取り扱う業者さんも増え、世間的にも認知されるようになってきました。
市場化し普及とまではいきませんが、当時に比べたら信じられない状況です。

そして、2005年打ち切りとなった補助制度が再開し、
来年度からは、いよいよFIT(フィードインタリフ)定額買い取り制度が始まるようです

(まだ決まったわけじゃあないですけど・・・・)


当時設置された方はほとんどが環境貢献という思いをおもちでした。
また、新技術に対する興味から設置される方、
発電することでの経済メリットを重視される方など
設置される方の目的もいろいろになってきました。

おじいさんからお孫さんへ
お母さんから子供さんへの贈り物として設置される方もいらっしゃいます。



ですから、うちでは太陽光発電に興味を持っておられる方に
発電所長さん(太陽光発電を設置されている方)に直接話を聞いてくださいと案内します。

ですが、ほとんどの方はされません。
もったいないです!

私が話すことよりも、ずっとためになる話が聞けます。
太陽光発電が大好きな私でも、お客様にとって所詮業者の言うことになります。
チラシに書いてある「お客様の声」を読むより、直接質問できます。

ですから、設置された先輩の話が役に立つと思うのです。

もし、太陽光発電を設置してみようとお考えでしたら、
業者さんに「付けられたお客さんを紹介して」と頼まれたらいいと思います。
断る業者さんはないと思います。
もし、断るようなら信用できないかも知れませんね(笑)




あっ、私に頼みたいという方がおられましたらお気軽にどうぞ。
素敵な発電所長さんたちをご紹介します
[PR]
by dandaneco | 2009-03-24 22:53 | Comments(4)

古本市&絵本カフェ


水木しげるロード
でおなじみの、境港市

その境港の路地にある「ここあん」で
3月29日(日)10時~16時まで
古本市&絵本カフェ
が開催されます。

春の境港の古民家へ散歩されてはいかがでしょう。
f0150364_8533059.jpg


「古本を出品してみ~か~」と思われたら、
ここあん ℡ 0859-44-8607まで連絡してあげてください。


きっと、「まった~り」できると思いますよ
[PR]
by dandaneco | 2009-03-21 08:54 | Comments(2)

あるこ~♪ あるこ~♫

今日は晴天の中「松江レディースマラソン」が開催されました。

私も天気に誘われ、近くのお気に入りへ散歩いこっ!

さあ!日ごろの運動不足を自分に叩きこむために
あるこ~!

向かった先は、神名火山
地元では「あさい(ひ)さん」と呼んでいます。

神名火山は標高341mで松江市で最も高い山
「謂わゆる佐太大神の社は、即ち彼の下なり」
と言うように、東側のふもとには出雲四大神のひとつ
佐太大神(佐太神社)があります。


調べてみると、「かんなび」とは「神の隠れこもれる」という意味で、
「かんなび山」は信仰の対象として祀られた山のことをいうようです。
出雲風土記には「神名火山」「神名備野」「神名桶」と書かれ、
宍道湖を囲んで4か所あったそうです。
(勉強になるな~)


途中で見える景色
f0150364_17142948.jpg


朝日寺に到着
f0150364_17172791.jpg

久しぶりに登ると、ぜェぜェ・・・・・ えらっ!(苦しい)

息を整えながら、展望台からはこんな景色が、
f0150364_1725238.jpg

人の横顔のように見える嵩山の向こうには大山だァ~~

そして、回れ右をすると、
f0150364_17275472.jpg

こっちも青い日本海!
遠くにうっすらと隠岐の島が見えます。

もう1度回って右を見ると、
f0150364_1730116.jpg

宍道湖西岸に流れ込む「八岐大蛇伝説」の斐伊川と宍道湖が、
傾いたお日様を反射して輝いています。

f0150364_17321591.jpg

目の前は宍道湖の手前に私の住む団地が見降ろせます。

道路や建物は違っても、この景色をどれほどの人が眺めたのでしょう?

後から上がってこられた男性はお寺まで7分で上がられるそうです
「でぇ~~~~~!」

「1週間前に来た時には84歳の方にいろいと教えてもらいましたよ」って、
「はァ~・・・・・・」

「私が息が上がってちゃいけませんね~」


天気に誘われて、
まさに老若男女

4~5歳くらいの兄弟から、
杖をつきながら家族で楽しんでおられる方

近所にも私の気に入りがたくさんあります。
[PR]
by dandaneco | 2009-03-15 17:48 | Comments(2)

省エネ家電買い替え比較



一休さんみたいなキャラの坊主が登場して
今使っている家電品(4品)と
買い替えしたい家電品の省エネ比較ができるものです。



しんきゅうさん

同じ大きさのテレビでも、
各メーカーの各機種が比較できるので
省エネも基準に検討するときには便利ですね。
子供さんも一緒に家族みんなで利用してみると面白いかも。



しかし、
いっきゅうさん
しんきゅうさん

おやじギャグみたいなネーミングです

しんきゅう
最初鍼灸かと思いました(笑)
[PR]
by dandaneco | 2009-03-12 21:59 | Comments(0)

図面はもらいましょう

お日さま発電を設置されるお客様の家で、
家の状況を確認し設置方法や工事内容の打ち合わせがありました。

この家は木造軸組みの在来工法ながら、
屋根が一般的な母屋・垂木構造ではありません。
そこで「設計図面を見せてください」とお願いすると、
「屋根の伏せ図や構造図面が無い、
建てた業者さんは廃業されているので確認のしようがない」と言う返事

屋根の構造が分からず、お客様が取られた工事中の写真と
屋根裏を目視で検討するしかない。
そこは経験がものをいう職人さんと関係者の知恵だしどころ。


今回のようなことはこれまでも何回かありました。
すべてではありませんが、大工さんの頭の中にしか残っていない例。
業者さんがお客様に渡していない例。

これらは、今回のように当事者がいなければ、
リホームなどされる時など非常に分かりにくいことが起きてきます。

また、設計図と実際の出来上がった建物が違うということもあります。
この場合も唸ってしまうことになります。

何にしても、家はなが~~く生活するものです。
建てた業者や担当者がいなくなっても分かるように
設計図面は必ずもらっておくことをお勧めします。
工事途中で変更になった場合も引き渡しを受けた家の図面をもらいましょう。
業者さんは出す責任があるのですから。
[PR]
by dandaneco | 2009-03-11 01:53 | Comments(0)

ホーランエンヤ 伝承

今年5月松江はホーランエンヤという船神事があります
12年に一度行われれ、
松江市南北に分ける大橋川を、100隻以上の大船団が埋め尽くし、
櫂伝馬船と呼ばれる船の上では歌舞伎衣装の若者が舞います

f0150364_072187.jpg


ホーランエンヤ


と、まあ、松江市観光協会のような説明でした(笑)

このホーランエンヤに参加する5地域では、準備や練習が日ごと続いています。
その船行列に使われる櫂伝馬船がこちら、
f0150364_23215178.jpg


2番船矢田の櫂伝馬船です。
f0150364_23231084.jpg


f0150364_23233287.jpg


ちょうど準備をしておられたおじいさんに色々話を聞かせてもらいました。
話を聞いているうちに、なんとこの矢田地区櫂伝馬船の船長さん。
つまり、一番偉い方だったんです!
今回が3回目の船団長だそうで、24年前と12年前そして今回
とってもすごい方だった!

練習や準備の苦労を話してごしなって、
櫂伝馬船には中学生など子供も乗り込みますが、
「最近の子供は正座ができん」
子供たちの役のうち正座をして太鼓を叩くそうですが、
太鼓の練習より先に、正座ができない、少しやっていると姿勢が悪くなってくる

そして、
「最近の子供は体が硬い!」

船の上で歌舞伎役者のような着物を着て踊りますが、
「足が曲がらん!のけぞることができん!」
「体が硬いけん、不細工だわね~」

剣櫂の舞は一番の見せ場です
「家の中で、ゲームなんかばっかししちょうけん、だめだわ」

そして、
「12年後はわしゃ~、もう土のなかにはいっちょうけん知らんが、
この地区(矢田地区)は今36世帯しかない。
だけん、今回でも1軒で3人でちょうとこもある。
だも、大橋川の拡幅工事でここら一帯家がなーなーが、
どーほどの人がおーだい、わからんわ」


「見ちょう人はいいが、1年前から準備して、練習して大変だわね」
そう言いながら、黒く、深いしわの船団長笑顔は輝いていました。


古くから伝承されてきた「矢田2番船」
歴史の積み重ねと、多くの人たちの苦労を垣間見た気がします。
晴れの舞台だけでなく、もっと知りたいと思いました。

帰り際
「また来ます」と言うと、

「お~ッ」と返事をくださいました。
準備の邪魔をしたのに、
また、お邪魔に行きます(笑)
[PR]
by dandaneco | 2009-03-11 00:08 | Comments(2)

さんぽ

f0150364_02334.jpg


あの日の夕食
輝くご飯に、輝くイクラ
眩しすぎる~

思い出しただけでご飯が食べられそう(笑)


久しぶりに、夕方ウォーキンGOO!
散歩のつもりで近所の公園へGO
散歩ってゆっくり景色を楽しみながら歩くもん

いや~、歩きだすとウォーキングになってしまいます

f0150364_0294036.jpg

夕方の宍道湖です

古墳があった公園を久しぶりの景色を楽しみながら
階段は一段飛ばしでヒョイヒョイト、

道から外れて林の中を歩くとこんな景色が、
f0150364_0341949.jpg


梅が満開です!
幹のかっこがいい感じです

だんだん調子に乗って、ちょっと足の延ばして見ると

枯草の中から出てきました。
f0150364_0364062.jpg



そして少し距離を置いて
f0150364_0371756.jpg



向こうも興味を持っていますが、
やはりなんでも距離があります。

人間関係でも、男女の中でもありますよね?

この猫たちはたぶん兄弟でしょう
兄弟でも性格が違うようで、
こちらとの距離の取り方が違います


気持ちのいい 「春のはじめの三歩」でした
[PR]
by dandaneco | 2009-03-09 00:46 | Comments(4)

太陽光発電で変わった

甥が大学に見事合格!
パチパチパチ!!
もひとつ、パチパチ!

3人兄弟の真ん中ですから、
よく言う、周りによく気がつく頑張りやです。
新しい環境で彼らしく楽しんで欲しいもんです。



◆お日さま発電所Nさんの話

Nさんのところは1997年に発電所にされました。
当時まだ小学生だった女の兄弟がおりまして。
お日さま発電が付いてから、発電の話や省エネの会話が増えたそうです。
Nさんは、省エネとかにはあまり関心が無かったそうですが、
娘さんたちがまず変わった。
電気を点けっ放しにすることが多いNさんに
「電気が消してないよ!」と叱られるようになり、
それまで、勉強はそれぞれの部屋でしていたのに、
居間にみんな揃って勉強するようになったそうです。

「なんで?」と聞くと、
「だって、一人一人が別々の部屋で勉強していたら電気がもったいないじゃない」
「居間でやればひとつで出来るから電気の節約になるでしょ!」
「それに、みんなでやる方が楽しいもの」

ということで、家族が一緒に時間が増えたそうです。
家族が一緒にいることで自然と会話も増える
すると、団が欒して  団欒(?)

お日さま発電がついて我が家の生活が変わったというお話でした。




「省エネのため電気のスイッチをこまめに消しましょ~う」
「使わない時にはコンセントから抜きましょ~う」

ラジオもテレビも新聞でも何でも見聞きする言葉です。
(当時はまだあまり言われていませんでした)
でも、Nさんのところは誰も強制したものはいないんです。
子供たちが自ら考えて行動したんですね。


「環境教育は子供たちに必要」と言いますけど、
子供って大人以上に行動力があると思います。

ゴミを平気で捨てる大人たち
コンビニでエンジンを切らずに立ち読みしている大人たち

大人は「分かっちゃいるけど止められない!」
子供に教えられることって結構あると思いませんか?
環境教育は子供以上に大人に必要じゃないでしょうか??



この話を数年前にどっかの先生にした時、
「だめだめ!大人はかわりゃ~しないよ!」

諦めんなよ!
と、チキンハートの私は心の中で叫びました(笑)



お日さま発電は暮らしが変わる効能が付いています!
[PR]
by dandaneco | 2009-03-06 21:48 | Comments(0)