もっと楽しくてもいいじゃない?!


by dandaneco

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
Home Energy
Desine家電
ひとり言
おとこのHealth
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 02月
2015年 08月
2015年 07月
more...

お気に入りブログ

雨漏り書斎
Double Espre...

外部リンク

最新のコメント

あーれー、お久しぶりです..
by dandaneco at 18:51
突如現れました、だんだん..
by だんだん at 16:41
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 08:51
コメントありがとうござい..
by dandaneco at 10:23
こちらでは こんばんHA..
by amamori120 at 22:46
はじめまして。シニアナビ..
by シニア・ナビ事務局 at 19:22
だんだんさんへ えぇ、..
by dandaneco at 06:35
何だかドタンバタンの毎日..
by だんだん at 17:28
だんだんさんへ よく言..
by dandaneco at 23:25
ワ・タ・シは・猫でも犬で..
by だんだん at 12:14

最新のトラックバック

ロシア練習帆船「ナデジュ..
from Double Espress..
植田正治写真美術館 コミ..
from Double Espress..
Cafe ドーフィン&S..
from Double Espress..
脱「ひとり勝ち」文明論の..
from Double Espress..
とっても便利な生ゴミ処理..
from Double Espress..

ライフログ

タグ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧

電力量計交換

山陰の1月では珍しい?
青空が広がるよい天気で、
温度も9度ほどあった今日は、
ことしが遷宮の出雲大社近くのお客様宅へ出かけまし。

太陽光発電を設置されて今年が10年目
一般家庭では、
電力会社から買った電気の量を見る電力量計は1個ですが、

太陽光発電を設置されると、
売った電気をカウントする電力量計を付けます。

このメーターは車の車検のように、
一定期間使うことができ、
10年使用したものは検定を受けた電力量計にしなくてはいけません。

そのメーターを交換で伺いました。


「もう10年か~」
「いや~当時に比べると、お互いちょっとくたびれてきたね~」

ちゃな話から、
「当時に比べると、たくさん付く時代になったね~」
「当時は近所の人から不思議がられていたいたもんだ」

などなど、私もバリバリの頃を思い出させていただきました。
ちなみに、このお客様の家では、
年間15~16万円程度売電収入があるようで、
「何もせずに入ってくる収入だからありがたいね」と話されていました。



話変わって、
出雲大社近隣で正月「吉兆さん」という行事が行われます。
数年前、この行事の役員が回ってきて、
その時の大変さを伺いました。
16年毎に回ってくるので、何をどうしたらわからない。
経験者に聞いても、昔のことでほとんど忘れている。

ここでも、少子高齢化や経済状況など
いろいろな影響で開催が難しくなっているそうです。

「文化の継承」する難しさ

このことは、松江でも
12年ごとに行われる日本3大船神事「ホーランエンヤ」でも同じ
5つの地域のほとんどが、少子高齢化と人口減
市の観光課や見る側の市民からは、
毎年開催なども要望する声もあるようですが、
実際にされる側からすれば
「しゃんこと、無理だわや!」


遷宮で賑わい、門前町も道路など整備され綺麗になりました。
吉兆さんに限らず、10年過ぎて、誰も年を重ねてきました。
10年の間に近くにあったスーパーがなくなり、
遠くまで買い物に行かなければならなくなった。

人の加齢は、街の加齢でもあるのだと。

太陽光発電の10年の節目に、
こんなことを感じた1日でした。
[PR]
by dandaneco | 2013-01-11 17:37 | Comments(2)
Commented by だんだん at 2013-01-12 12:56 x
吉兆さんのお役目をされたのですか?
古い習わしと聴いたことがあるので、ネットも見て確認しました。
幟り旗を持ち、ナマハゲみたいな鬼面をつけて、各家を清めて回るんですね。
過疎化はジワジワと迫って、歴史的に守るべき行事が無くなるのは辛い!
大田でも、歳徳神を奉る「五十猛のグロ」が行なわれてます。
継承者が続いて欲しいものですね~
Commented by dandaneco at 2013-01-13 09:23
だんだんさん
ありがとうございます。吉兆さんはうちのお客さんが役をされていました。「五十猛のグロ」をご存知ですか!見たことはありませんが、どこの地方でもそうだと思いますが、「伝える」ということの意味が問われているように思います。地域にことだけでなく、個人の家でも同じことで、四季折々の行事が伝えられていないですね~。我が家もですけど・・・