もっと楽しくてもいいじゃない?!


by dandaneco

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
Home Energy
Desine家電
ひとり言
Health
食洗機
クッカー
日本語
日本の祭り
世にも奇妙な

未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
more...

お気に入りブログ

雨漏り書斎
Double Espre...

外部リンク

最新のコメント

だんだんさん、お久しぶり..
by dandaneco at 08:10
ecoさん こんにちは!..
by だんだん at 14:00
> amamori120..
by dandaneco at 17:52
思い出しました 昔..
by amamori120 at 23:03
あーれー、お久しぶりです..
by dandaneco at 18:51
突如現れました、だんだん..
by だんだん at 16:41
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 08:51
コメントありがとうござい..
by dandaneco at 10:23
こちらでは こんばんHA..
by amamori120 at 22:46
はじめまして。シニアナビ..
by シニア・ナビ事務局 at 19:22

最新のトラックバック

ロシア練習帆船「ナデジュ..
from Double Espress..
植田正治写真美術館 コミ..
from Double Espress..
Cafe ドーフィン&S..
from Double Espress..
脱「ひとり勝ち」文明論の..
from Double Espress..
とっても便利な生ゴミ処理..
from Double Espress..

ライフログ

タグ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧

エネルギー維新

1995年1月17日早朝
神戸市を襲った大地震

震災時、ライフラインが途絶え、
真っ暗な夜空に光る電飾は
多くの市民にとって、希望の光となりました。
六甲山の錨

このイルミネーションを点灯するために使われていたのが
風力発電と太陽光発電でした。

この前の年1994年に太陽光発電の普及を目指し
住宅に設置する場合の補助制度が始まっていました。
この震災の時、すでに太陽光発電を設置されていた家もありました。

冬の寒い日でも、太陽が出ていれば太陽電池は発電をしています。

でも、
当時は発電した電気を使うことができませんでした。
それは法律で決められ、
屋根の上で電気を起こしていようと
その電気を使って、テレビを見て情報を知ることなど出来なかったのです。


太陽光発電を設置して被災されていた方々から
「なぜ使えないんだ!」という声が上がり、
数年後、法律が改正され、現在のように非常時でも
特定のコンセントから発電した電気が使えるようになりました。


ただ、太陽光発電は太陽の出ている昼間しか使えません。
夜も使えたらという要望から、バッテリーを使った
蓄電装置が発売されました。
確か70~80万円程度だったと思います。

しかし、いつ起こるか分からない災害に
それほどまでの準備をされる方はわずかだったようです。
事実、私は山陰で1台も販売していません。


そして、この度の大災害です
神戸六甲の錨山のように、
また自然エネルギーが注目されています。
ただし、この度の震災では原発の問題があります。

そのため、これまでのエネルギー政策を大きく見直す変革の時になりました。

どんなに大きな被害が起きても
街全体の電気が消え、まっ暗闇になろうとも
朝がくれば太陽が昇り、
太陽が出れば電気が使える

お日様はそんな希望の灯りでもあると思います


お日様で作る電気はなにも壊しません
誰も危険にさせません

お日様と一緒に作るエネルギーです



永田町でこのニッポンを良くしようと一生懸命の先生方
「力を入れるところが違うんじゃない?」

国民だけじゃなく、世界中からそう言われていませんか?
それでも、いま一番にすることが
「あんたには能力がない!」と言うことですか?

そんなことの為に、貴重な時間と、貴重なお金を使っているより
被災地へ行って、被災された方と一緒になって
何を一番にするべきなのか、一緒に考えて
出来ることからやるってことが、
ニッポンを良くすることじゃあないんでしょうか?

日本がしなくても、
世界はエネルギー維新に歩き出していると思います。

世界が絶賛した、被災を体験したニッポンから
エネルギー維新を始めるべきじゃないでしょうか?

ニッポンの国民は素晴らしいんです!
世界の中の小さな、小さな島国ニッポン

でも、日本の議員さんは笑い物になっていませんか?
本当は、皆さん素晴らしい志を持った
素晴らしいニッポン国民じゃないんですか?


はやこと、しょいや!
[PR]
by dandaneco | 2011-06-03 23:36 | Comments(2)
Commented by だんだん at 2011-06-06 11:43 x
はやこと せないけん!
おっしゃる通りでもろ手をあげて賛成です。

エコさんより直接に申します。
馬鹿者政治家は、全員被災地で働くべし!
その経験が出来たら。
日本を貶める権力争いに歯止めがかかるでしよう。
夫は、出張で芦屋の実家に泊まって震災に合いました。
神戸には親友もいますが、幸いにも皆無事。
その後は、義母を東京に避難させたり物資を差し入れたり。
今回の災害は、原発の恐ろしさを痛感しました。
復興は遥かな道のりですが、だからこそ見直すチヤンスでもあります。
自然エネルギーへの転換は、猶予がないのです!
Commented by dandaneco at 2011-06-09 06:30
阪神淡路の震災を経験された方が
ボランティアとして活動されたり、
被災者の受け入れも関西連合として、
各県で分担して体制を取っているようですね。
受け入れ体制を取っているにもかかわらず、
入居が進まない道・県もあって、
ここにも経験が生かされているようです。
菅さんの「住宅の5割に太陽光発電」などの絵空事より、
今回の震災と原発事故では民間が主導で
現実的な動きをしているように思います。
今回の原発事故の責任を東電ばかり責める政府
それを推進してきたのは政府
その国会議員を選んだのは国民

二度と今回のようなことが起きないために
私たちも変わっていかないといけん!
政治家はほっといて、みんなで変えていきましょ
素晴らしいニッポン!