もっと楽しくてもいいじゃない?!


by dandaneco

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
Home Energy
Desine家電
ひとり言
おとこのHealth
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 02月
2015年 08月
2015年 07月
more...

お気に入りブログ

雨漏り書斎
Double Espre...

外部リンク

最新のコメント

あーれー、お久しぶりです..
by dandaneco at 18:51
突如現れました、だんだん..
by だんだん at 16:41
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 08:51
コメントありがとうござい..
by dandaneco at 10:23
こちらでは こんばんHA..
by amamori120 at 22:46
はじめまして。シニアナビ..
by シニア・ナビ事務局 at 19:22
だんだんさんへ えぇ、..
by dandaneco at 06:35
何だかドタンバタンの毎日..
by だんだん at 17:28
だんだんさんへ よく言..
by dandaneco at 23:25
ワ・タ・シは・猫でも犬で..
by だんだん at 12:14

最新のトラックバック

ロシア練習帆船「ナデジュ..
from Double Espress..
植田正治写真美術館 コミ..
from Double Espress..
Cafe ドーフィン&S..
from Double Espress..
脱「ひとり勝ち」文明論の..
from Double Espress..
とっても便利な生ゴミ処理..
from Double Espress..

ライフログ

タグ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧

2000年の今日

いまから10年前

2000年10月6日13時30分

午後の仕事で運転中、車が急にフラフラと蛇行した

あちゃ~、パンクかい?!

で、行きつけのガソリンスタンドで
「すごい揺れだったね!」と店員さん

はッ????????

「地震だった~?」

それが、当時の体験でした。


10年前の今日
鳥取西部が大きく揺れた

ラジオを聞くと、どうやら鳥取県西部が震源らしい

真っ先に思いついたのは、
起業したばかりの年で初めて太陽光発電を設置してもらった米子のWさんのこと。

そして、鳥取中部で太陽光発電の工事の真っ最中
職人さんが大丈夫だろうか?

不安は募るばかり
携帯がつながらない

え~い、米子へ行って直接確かめよう!

職人さんに連絡が取れないなか、
工務店の社長にへは何とか連絡がつき、
地震の様子を聞くと、さほどでもないようで一安心

だが、その社長は米子のお客さんが心配だというので、
私が確認して連絡するので、現場の職人の様子確認してもらうことにした。



はたして、米子へ入れるのか?
不安な気持ちで、なんどもお客さんに連絡をしてみるが繋がらない

東へ進むにつれて、屋根のかわらが落ちている家が増えてくる
安来を過ぎたところで電車が止まっている

米子の上空にはヘリコプターが飛んでいるのが見える

そして、お客さんの家が見えてきた
遠目で見ると瓦も落ちていないようだ。

家に付き、玄関から声をかけるとご夫婦とも無事だった

「良かった!」

落ち着いてから、被害を聞くと大したことはないようだったが、
電気温水器がずれて、配管がいまにも折れそうなほど曲がっている
400L近い水が入った温水器のタンクが20cmほど動いていた。


ひとまず安心して、
工務店から頼まれたお客さんの家へ。
細い路地に建つ家も、外観は異常がない
ホッとしながらも、家の周りを点検していると、

きた!

大きな余震!

お客さんのところの長い塀が波を打っている!
はじめてみる光景にビビる!

思わず道路へ出て様子をみていると、
自転車にお孫さんを載せたおばあちゃんが歩いてきた。

「あだん、また余震だがぁ~」と平然としておられる

この揺れに動じないということは、
最初の揺れがとんでもなかったのかと、余計に恐ろしくなった。


こうなると、境港のお客さんも気になるので、
境港に向かうと、被害が余計にひどい!
お寺の大きな屋根が地面について、潰れてしまっている。
港の近くのコンクリートの道は、大きく隆起していたり、割れていた




私の200年10月6日

幸いこの地震での死者はなかった
でも、被災された方は本当に大変な思いをされたことだろう

それぞれの体験と、それぞれの思いが
思い起こされたことでしょうね。




お年寄りは
米子の人は「大山さんに守ってもらっちょう」
出雲地方の人は「大社さんに守ってもらっちょう」と言われます。

それほど大きな天災がない地域だそうです

あの大きな地震でもあの程度の被害で済んでよかった
大山さんや、大社さんのおかげかもしれませんね



突然やってくる天災に備えてと言われます。
うちゃ~、な~んもしとらん

「大社さんに守られチョーけん」

 たぶん・・・・・。



この地震を体験された方はどうでしたか?
[PR]
by dandaneco | 2010-10-06 23:54 | ひとり言 | Comments(0)