もっと楽しくてもいいじゃない?!


by dandaneco

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
Home Energy
Desine家電
ひとり言
おとこのHealth
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 02月
2015年 08月
2015年 07月
more...

お気に入りブログ

雨漏り書斎
Double Espre...

外部リンク

最新のコメント

あーれー、お久しぶりです..
by dandaneco at 18:51
突如現れました、だんだん..
by だんだん at 16:41
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 08:51
コメントありがとうござい..
by dandaneco at 10:23
こちらでは こんばんHA..
by amamori120 at 22:46
はじめまして。シニアナビ..
by シニア・ナビ事務局 at 19:22
だんだんさんへ えぇ、..
by dandaneco at 06:35
何だかドタンバタンの毎日..
by だんだん at 17:28
だんだんさんへ よく言..
by dandaneco at 23:25
ワ・タ・シは・猫でも犬で..
by だんだん at 12:14

最新のトラックバック

ロシア練習帆船「ナデジュ..
from Double Espress..
植田正治写真美術館 コミ..
from Double Espress..
Cafe ドーフィン&S..
from Double Espress..
脱「ひとり勝ち」文明論の..
from Double Espress..
とっても便利な生ゴミ処理..
from Double Espress..

ライフログ

タグ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧

黄泉比良坂物語

前回、黄泉比良坂を紹介しました。

私も初めて訪れた場所でしたが、
そこに「ご自由にお取りくだい」と書かれた箱に中に

「黄泉比良坂物語」という題名の紙が入っていましたので紹介します。


     黄泉比良坂物語
                  比良坂神蹟保存会

古事記や日本書紀になるこの神話を分かりやすく、
また古老の言い伝え等をまじえて、この物語としたい。


男神イザナギの命、女神イナザミの命のの二神は、
天つ神の「お前たち二人心を合わせて国土を生み、
もろもろの神を神々を生んで、天の下の国と神々を立派に作るように」との仰せに従い、
オノコロ島に立って、淡路、四国、隠岐、九州、壱岐、対馬、佐渡、本州と
いわゆる大八洲の国土をつくられ、
次にはその国に住む様々な神々をお生みになり、
最後に火の神をお生みになったが、
この時イザナミの命はお亡くなりになった。


イザナギは亡くなった妻のイザナミに逢いたくて、
あとを追いかけて黄泉の国へ行かれた。
しかしここは死者だけのいる国であった。
イザナギは大声で
「我が最愛の妻イザナミよ。お前と二人で作った国はまだ作り終えておらぬ。
早く還ってほしい」と言われた。
けれどもイザナミは
「それは残念でした。もっと早く迎えに来てくださったらよかったのに。
私はもう黄泉の国の食べ物を食べてしまいました。
でも、わざわざ迎えに来てくださったので、何とかして帰りたいので
黄泉の国の神々に相談してみましょう。
しかし、私が返事を申し上げるまでは絶対に来られてはいけませんよ」と
消えていかれた。

イザナギは待てども待てども返事がないので
とうとう痺れを切らし約束を破って真っ暗な黄泉の国へ入り
神に差した櫛の歯を一本折ってそれに火をつけあたりをご覧になった。
そこには体中に蛆のわいたイザナミの体が横たわっており、
体の八か所には雷が生まれ二目と見られぬひどい姿であった。

驚いたイザナギは恐ろしくなって、一生懸命逃げ帰ろうとされた。
ところがイザナミは、
「あれほどここへ来られぬようにと約束したのに
それを破って私に辱をお見せになった」と大変怒り、
黄泉の国の魔女たちを使って大勢が追いかけた。

追われたイザナギは、髪の飾りにしていた木の櫛を投げたら葡萄がなったり
櫛の歯を折って投げたら筍が生えた。
魔女たちがそれを食べている間に逃げられたが、
今度は黄泉の国の魔軍たちが大勢追いかけてきた。
イザナギは黄泉比良坂の坂本まで逃げたところに
折よく桃の木があり、その桃の実を投げつけてやっと退散させることが出来た。

そこでイザナギは
「お前が私を助けたように、この葦原の中つ国に暮らしている多くの人たちが
苦しい目に逢った時には助けてやってくれ」と仰せられ、
オホカムツミの命という名を桃の実につけられた。

けれども最後にはイザナミ自身が追いかけてこられたので、
イザナギは黄泉比良坂にあった大きな岩で道をふさいでしまわれた。
その岩を中にしてイザナミは
「あなたが約束を破ってこんな目にあわされたから、
もう私はあなたの国へは還らない」と言われた。

イザナギは
「私は今でもお前が恋しくてならない。
けれどもそんなに腹が立つなら仕方がない。分かれることにしよう」と
お互いに別離の言葉を交わした。

イザナミは
「あなたがこんなことをしたからには、
これから後あなたの国の人間を毎日千人ずつ殺す」と言われた。

イザナギは
「おまえがそんなことをするなら、
私は毎日千五百の産屋を立ててみせる」と仰せられた。


そのようなわけで、日本の人口は増えると言われている。







こんな物語です。
途中、「鶴の恩返し」そっくりな場面

   「見たな~~~!」

       (大笑い)



それにしても、この物語を書いた大昔の人、達(?)は、
全くの空想で書いたのでしょうか?

それとも、当時の日常を題材にして神話としたのでしょうか?
私は全くの素人ですが、神話には日常の人々の感情がそのまま綴ってある。

怠け者の神様もいるし、嫉妬もするし、欲もある。
まるで人間と同じです。

また、このようなことに詳しい人たちは、
古事記や日本書紀には多くの出雲神話が取り上げられている。
それだけ、出雲地方は権力をもった脅威だったので、
出雲を「あの世」としたという人もいます。


私は不勉強でよくわかりましぇん。
でも、自分たちが住んでいる地域の歴史はなんだか面白そうです。

自然環境も、このような歴史も
山陰の貴重な資源と思えば、もっと面白いことが出来るかもしれません。

地元に住む人たちが私も含めて、もっと関心を持つきっかけになれば、
もっと、もっと楽しくなるんじゃないでしょうかね?
[PR]
by dandaneco | 2010-06-27 22:56 | Comments(2)
Commented by だんだん at 2010-06-28 01:18 x
見たなーーーっ!
これ、最高にいい表現ですね、パチパチ♪

古事記などを読み出すと、面白くてやめられなくなるんです。
ところが、イザナギ、イザナミのように、何々の命などの名前に負けてしまうのです。
途中で、ええい、面倒くさい!と。
学研に載るような分かりやすい本で読みます。
それでも、名前がややこしくてどーしましょう!
Commented by dandaneco at 2010-06-28 06:17
あ~、分かります!
最初はルビがふってあっても、
次出てきた時に、「なんだっけ?」と探さなきゃいけません(笑)